ヘアビューロン7Dと4Dの違いを解説!どっちがおすすめ?

ヘアケア

[PR]当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

超高品質ヘアアイロンとして人気のヘアビューロン。

なかでも性能と価格のバランスの取れた中間モデルがこちらの2つです。

  • 4D
  • 7D
悩んでいる人
悩んでいる人
  • 4Dと7Dで迷っているけど違いを知りたい!
  • どっちがおすすめ?

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容
  • ヘアビューロンのラインナップ
  • ヘアビューロン4Dと7Dの違い

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ヘアビューロンのラインナップ

2024年1月現在のヘアビューロンのラインナップはこちらの全9種類です。

ヘアビューロン一覧
  • 2D Plus [カール]
  • 3D Plus [ストレート]、[カール]
  • 4D Plus [ストレート]、[カール]
  • 7D Plus [ストレート]、[カール]
  • 27D Plus [ストレート]、[カール]

基本的には2D、3D、4D、7D、27Dそれぞれにストレートとカールがありますが、「2D」のストレートはありません。

数字が大きい方が、

  • 新しい
  • 性能が良い
  • 価格が高い

という傾向があります。

2Dや3Dは比較的安いですが、ヘアビューロンの中ではどうしても性能が多少劣ります。

ただ、最上位モデルの27Dは10万円以上するので、なかなか手が出しづらいです。

オム
オム

せっかくなら良いモデルが欲しい、という方は4Dと7Dで迷うかもしれません。

そこで今回は、4Dと7Dについて比較していきます。

ヘアビューロン4D Plusの特徴

まず、4Dについて紹介します。

4D Plus [ストレート]

4Dも7Dも同じですが、ストレートは1種類です。

created by Rinker
Bioprogramming
¥49,500 (2024/03/04 01:42:33時点 Amazon調べ-詳細)

基本情報はこちらです。

4D [ストレート]
税込価格49,500円
サイズ293×29×85mm
重さ約422.5g
カラーゴールド×ブラック
温度40-180度

4D Plus [カール]

カールは太さの違う2種類で、L-TypeとS-Typeがあります。

基本情報はこちらです。

4D [カール] L-Type4D [カール] S-Type
税込価格49,500円49,500円
サイズ350×59×85mm350×59×85mm
重さ約535.5g約427.5g
カラーゴールド×ブラックゴールド×ブラック
カール太さ34.0mm26.5mm
温度40-180度40-180度

価格はストレートと同じ49,500円で、デザインも同じです。

ヘアビューロン7D Plusの特徴

次に、7Dについて紹介します。

7D Plus [ストレート]

4Dと同じく、ストレートは1種類です。

基本情報はこちらです。

7D [ストレート]
税込価格71,500円
サイズ310×30×90mm
重さ約448g
カラーグリーン
温度40-180度

4Dと比べて2万円以上高いですが、その他の基本スペックは、4Dとほぼ同じです。

違いは重さがほんの少し重くなったくらいです。

オム
オム

カラーはゴールド基調の4Dとまた違いグリーンなので、好みが分かれるかもしれません。

7D Plus [カール]

カールも4Dと同じく、太さの異なる2種類です。

太めのL-Typeと

細めのS-Typeです。

それぞれの基本情報はこちらです。

7D [カール] L-Type7D [カール] S-Type
税込価格71,500円71,500円
サイズ350×59×85mm350×59×85mm
重さ約496g約401g
カラーグリーングリーン
カール太さ34.0mm26.5mm
温度40-180度40-180度

7Dもどちらも同じ価格で、ストレート同様4Dより2万円以上高くなっています。

またその他の基本スペックも、ストレート同様4Dとほぼ同じです。

ストレートとは逆に、7Dの方が少し軽いです。

ヘアビューロン4D・7Dの違い

次に、4Dと7Dの違いを紹介します。

D(密度)と効果が違う

まず、ヘアビューロン特有の「D」が違います。

オム
オム

この違いで何が変わるのかが一番気になるポイントだと思います。

ヘアビューロンはバイオプログラミングという技術を使用しています。

このバイオプログラミングには「美の方程式」があります。

P(美の力)/n(技術設計力)/D(密度))/T(時間)

BioProgrammingCLubホームページ

この密度に当たるのがDで、Dが高いほど美の力が高いという意味です。

したがって、4Dより7Dの方が高性能になります。

ただし、この美の方程式は科学的根拠が見つからないものです。ちょっと胡散臭いかな?と心配な方は、あまりお勧めしません。

あまり科学的根拠が明らかにされていないバイオプログラミングですが、口コミ評価自体は非常に良いです。

オム
オム

「なぜ良いのかは分からないけれど、使用感は満足する方が多い」というのがヘアビューロンです。

そして4Dと7Dではやはり、「7Dの方が仕上がりが良い」という口コミが多いです。

7Dは価格が2万円以上高い

そして、高性能な7Dの方が高いです。

4Dと7Dの性能面の差はバイオプログラミング技術の「密度」だけです。

しかし、「密度とは何なのか」がとても曖昧です。

したがって、

  • どちらを買った方が性能に対するコスパが良いのか
  • プラス2万円以上出しても7Dにした方が良いのか

という疑問は、正直口コミ評価で判断するしかありません。

口コミはどちらも高評価

参考情報として、楽天とYahoo!での、2024年1月時点での口コミ評価はこちらです。

楽天市場Yahoo! ショッピング
4D [ストレート]4.49 (1044件)4.72 (841件)
7D [ストレート]4.52 (219件)4.66 (209件)
4D [カール] L-Type4.28 (123件)4.48 (84件)
4D [カール] S-Type4.58 (74件)4.71 (48件)
7D [カール] L-Type/S-Type4.25 (20件)4.83 (23件)
オム
オム

ショップはすべてバイオプログラミング公式です。

口コミ評価に4Dと7Dで大きな差はなく、どちらも非常に高評価です。

ただし、4Dの方が圧倒的にクチコミ件数が多く、人気が伺えます。

もちろん、4Dの方が価格が安いので、購入ハードルが低く購入する人が多いというのが一因だと思います。

まとめ:ヘアビューロン4D・7Dはこんな方におすすめ!

口コミ評価の高い高級ヘアアイロンが欲しいという方、また最低40℃まで設定できる低音に対応したアイロンが欲しい方に、ヘアビューロンはおすすめです。

オム
オム

逆に、科学的根拠が気になる方にはあまりおすすめしません。

4D、7Dの違いはカラーとバイオプログラミング技術の密度(D)です。

4Dと7Dの密度(D)の差による性能の差は明確にされていません。

また、どちらも口コミは高評価なので、「いくらなら出せるか?」になってきます。

こんな方は4Dがおすすめ!
  • 7Dを高いと感じる方
  • 1番人気モデルが良い方
  • 軽い方が良い方(ストレート)
  • ゴールドのデザインが良い方
こんな方は4Dがおすすめ!
  • 7Dの価格に抵抗がない方
  • 性能が良い、新しいモデルが良い方
  • 軽い方が良い方(カール)
  • グリーンのデザインが良い方

ヘアビューロンを購入する際の、おすすめ購入先はこちらにまとめていますので、良かったらご覧ください。

>> ヘアビューロンのおすすめ正規販売店はこちら

また、他のヘアアイロンや3Dと4Dの比較もしていますので、迷っている方は参考にしてください。

>> ヘアビューロンとリファの違いはこちら

>> ヘアビューロンの3Dと4Dの違いはこちら

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました