絹女と絹女プロの違いは?ドライヤーやヘアアイロンについて解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

上品なデザインと高機能な美容家電で人気の「絹女」。

スタンダードモデルの

  • ドライヤー
  • ストレートアイロン
  • カールアイロン

の他に、絹女プロシリーズがあります。

「プロ」って何が違うの?
普通の絹女とどっちがおすすめ?

こんな疑問にお答えします。

この記事で分かること
  • 絹女「プロ」とは?
  • 絹女と絹女プロのドライヤー・ヘアアイロンの違い
  • 絹女と絹女プロはどっちがおすすめ?

参考になれば幸いです。

目次

絹女「プロ」とは?

絹女プロとは、簡単にいうと、絹女のプロ用(=スタイリスト用)シリーズです。

  • ドライヤー
  • ストレートアイロン
  • カールアイロン

それぞれの商品名に「Pro(プロ)」がつくモデルが発売されています。

全体的に高機能で、お値段もお高めなのが特徴です。

プロ用ということで、数多くのヘアサロンに導入されており、個人で購入したい場合も基本的にはサロン専売品となります。

取り扱いサロンは絹女公式ホームページで確認することができます。

次に、ドライヤーとヘアアイロンそれぞれについて、スタンダードモデルとの具体的な違いを解説していきます。

絹女と絹女プロのドライヤーの違い

まず、絹女と絹女プロのドライヤーについて、それぞれの特徴と違いについて解説していきます。

KINUJO ヘアドライヤー Hair Dryer

まず、スタンダードなドライヤーです。

created by Rinker
¥33,000 (2024/06/25 07:14:13時点 楽天市場調べ-詳細)

ランキングの上位に入っていて、メディアなどでもよく取り上げられる人気商品です。

基本情報はこちらです。

価格33,000円(税込)
カラーモカ/ホワイト
サイズ約幅201×奥行50×高さ220mm
重さ約363g
風量2.2㎥/分
風量調整3段階
温度調整3段階
モード調整GLOSS/SCULP/SWING

一般的なドライヤーと比べ、

  • コンパクト
  • 大風量
  • 風量や温度の調整機能が充実
  • モード機能がある

といった機能が人気の理由です。

モードはこちらの3つです。

モード
  • GLOSS
  • SCULP
  • SWING

それぞれのモードの特徴はこちらです。

KINUJOドライヤーのモード

GLOSS:ブローでの艶出し用
SCULP:健康的な頭皮・髪のケア
SWING:温風と冷風を自動で切り替え

最先端技術も搭載されており、

  • マイナスイオン発生機能付き
  • 遠赤外線効果で速乾

という点もKINUJOならではです。

KINUJO Pro Hair Dryer

次に、「プロ」になります。

created by Rinker
¥41,000 (2024/06/25 14:05:50時点 楽天市場調べ-詳細)

このドライヤーは、基本的にはプロのヘアスタイリストの方向けの商品です。

しかし、一般の方に向かないわけではありません。

「シルクモード」という温風と冷風を自動コントロールしてくれる機能の調節機能まで搭載されているのは、「プロの技を自宅でも」というコンセプトです。

ただし、ノーマルなドライヤーより圧倒的に取り扱いは少ないのはデメリットです。

基本情報はこちらです。

価格46,500円(税込)
カラーブラック
サイズ約幅190×奥行50×高さ238mm
重さ約363g
風量2.3㎥/分
風量調整3段階
温度調整3段階
シルクモード調整3段階

基本的な部分はノーマルなドライヤーと大きく違いはありません。

KINUJO公式ホームページでも紹介されている大きな特徴は3つです。

  • 大風量+W遠赤外線で速乾
  • シルクモード搭載
  • 軽量設計

ドライヤーの2箇所から出ているW遠赤外線で、より速乾に特化しています。

「プロ」で最も特徴的なのはシルクモードの調整機能です。

シルクモードとは、温風と冷風を「自動で」切り替えてくれる機能です。

ノーマルなドライヤーの「SWINGモード」もシルクモードと同じ技術です。

「プロ」ではシルクモードも風量を3段階で調整できます。

温風と冷風を使い分けた方が良いのは分かっているけど、いまいちどうすれば良いかわからない。といった方にも嬉しい機能です。

軽量設計についてはノーマルなドライヤーも同じですが、363gと疲れにくい重さになっています。

KINUJOとKINUJO Proの違い

基本情報を並べるとこのようになります。

KINUJO ヘアドライヤーKINUJO Pro ヘアドライヤー
価格33,000円(税込)46,500円(税込)
カラーモカ/ホワイトブラック
サイズ約幅201×奥行50×高さ220mm約幅190×奥行50×高さ238mm
重さ約363g約363g
風量2.2㎥/分2.3㎥/分
風量調整3段階3段階
温度調整3段階3段階
モード調整GLOSS/SCULP/SWING
シルクモード調整3段階

カラー展開を除いて、サイズや重さといった見た目はほぼ同じです。

風量が多かったり、シルクモードのモード調整機能が搭載されていたりと、全体的に少し高機能で、お値段も少し高いのが「プロ」です。

使用頻度も高く、高機能なドライヤーを求めるスタイリストの方にぴったりのモデルです。

絹女と絹女プロのストレートアイロンの違い

次に、絹女と絹女プロのストレートアイロンについて、それぞれの特徴と違いについて解説していきます。

絹女~KINUJO~

まず、スタンダードモデルの絹女〜KINUJO〜です。

created by Rinker
¥19,800 (2024/06/24 23:39:37時点 楽天市場調べ-詳細)

ノーマルサイズのストレートアイロンは、このモデルの他に海外対応モデルもあります。

今回は最もスタンダードなモデルのみ取り上げますが、ワールドの違いは別の記事で解説していますので、興味のある方はご覧ください。

>> 絹女のストレートアイロン「ワールド」の違いはこちら

じぶんみがき.com
絹女とキヌージョワールドの違いを解説!どっちがおすすめ?【ストレートアイロン比較】 | じぶんみがき.co... 大人気のストレートアイロン「絹女」シリーズ。 普通の絹女とキヌージョワールドの違いは何?どっちがおすすめ?絹女が売り切れてるけど、ワールドでも大丈夫? こんな疑問...

基本情報はこちらです。

価格19,800円(税込)
カラーホワイト
サイズ約幅38.5×奥行62×長さ288mm
重さ約390g
温度約130~220℃(10℃ごと)

KINUJO Pro Straight

次に「プロ」シリーズのストレートアイロンです。

基本情報はこちらです。

価格28,000円(税込)
カラーブラック
サイズ約幅30×奥行39×長さ261mm
重さ約235g
温度約50~220℃(10℃ごと)

KINUJO公式ホームページでも紹介されている大きな特徴は3つです。

  • シルクプレート®でツヤ・キープ・色落ち防止
  • 温度上昇が早い
  • 温度調整幅が広い

シルクプレート®は絹女独自のプレートですが、スタンダードモデルでも採用されているので、プロ特有の特徴ではありません。

温度は200℃に設定しても30秒で温度が上がり、また50℃から使用可能と、温度調整機能が高機能なのヘアアイロンが欲しい方には嬉しいスペックです。

個人的には普段使いでここまでのスペックは無くても大丈夫かな?と思いますが、嬉しい方には嬉しいと思います。

絹女~KINUJO~とKINUJO Pro Straightの違い

基本情報を並べるとこのようになります。

絹女~KINUJO~KINUJO Pro Straight
価格19,800円(税込)28,000円(税込)
カラーホワイトブラック
サイズ約幅38.5×奥行62×長さ288mm約幅30×奥行39×長さ261mm
重さ約390g約235g
温度約130~220℃(10℃ごと)約50~220℃(10℃ごと)

絹女の方が重いですが、プロの方が温度調整機能が上など、ドライヤー同様、プロが高機能モデルであることがわかります。

一方で、プレートはどちらも絹女独自のシルクプレート®を採用しており、大きな違いはありません。

絹女と絹女プロのカールアイロンの違い

最後に、絹女と絹女プロのカールアイロンについて、それぞれの特徴と違いについて解説していきます。

絹女〜KINUJO〜カールアイロン

まず、スタンダードなカールアイロンです。

created by Rinker
絹女~KINUJO~
¥19,800 (2024/06/24 22:32:02時点 Amazon調べ-詳細)

基本情報はこちらです。

価格19,800円(税込)
太さ28mm/32mm
カラーホワイト
サイズ約幅54×奥行74×長さ345mm
重さ約380g/420g
温度約100~200℃(10℃ごと)

KINUJO Pro Curl Iron

次に、「プロ」のカールアイロンです。

created by Rinker
¥28,000 (2024/06/25 07:14:13時点 楽天市場調べ-詳細)

基本情報はこちらです。

価格28,000円(税込)
太さ26mm/32mm
カラーブラック
サイズ約幅50×奥行75×長さ360mm
重さ約313g/350g
温度約100~200℃(10℃ごと)

KINUJO公式ホームページでも紹介されている大きな特徴は3つです。

  • シルクプレート®でツヤ・キープ・色落ち防止
  • 温度上昇が早い
  • ロングバレル

ストレートアイロン同様、シルクプレート®はスタンダードモデルでも採用されているためプロ独自の特徴ではありません。

また、温度上昇についてもストレートアイロン同様早いです。

大きな特徴はロングバレルで、プレート部分が約135mmと、一般的なカールアイロンより長めになっています。

ただし、スタンダードモデルのバレル長は未公開なので、プロ独自の特徴かは不明確です。

絹女〜KINUJO〜カールアイロンとKINUJO Pro Curl Ironの違い

基本情報を並べるとこのようになります。

絹女〜KINUJO〜カールアイロンKINUJO Pro Curl Iron
価格19,800円(税込)28,000円(税込)
太さ28mm/32mm26mm/32mm
カラーホワイトブラック
サイズ約幅54×奥行74×長さ345mm約幅50×奥行75×長さ360mm
重さ約380g/420g約313g/350g
温度約100~200℃(10℃ごと)約100~200℃(10℃ごと)

太さのラインナップが少し異なり、スタンダードモデルは28mmがあり、プロは26mmになります。

重さはストレートアイロン同様にプロの方が軽めですが、温度調整機能はどちらも同じです。

絹女と絹女プロはどっちがおすすめ?

せっかく買うならプロの方が良いの?

と思う方も多いかもしれません。

おすすめの選び方はこちらです。

おすすめの選び方

コスパ重視の方 ▶︎ ノーマルがおすすめ
とにかく高機能が良い方 ▶︎ プロがおすすめ

個人的には、スタイリストの方でもない限りはノーマルモデルで十分かと思います。

基本的な機能に大きな違いはありませんが、「プロ」はドライイヤー・ヘアアイロンともに価格が1.5倍近くします。

ノーマルでもかなり高性能なので、特にコスパ重視の方はノーマルがおすすめです。

例えばドライヤーについては、風量はノーマルが2.2㎥、プロが2.3㎥とプロの方が上です。

しかし、一般的に1.5㎥あれば大風量に分類されているので、どちらも大風量に変わりはありません。

ヘアアイロンについても、個人的には価格が1.5倍になるほどの違いはないのではと感じています。

ドライヤー、ヘアアイロンともにカラーが違うので、好きなカラーで決めても良いと思います。

まとめ:絹女は「プロ」もおすすめだけどスタンダードでも十分!

KINUJOのドライヤーやヘアアイロンは「プロ」シリーズの商品もあります。

プロのスタイリストの方向けの高機能モデルですが、プロでなくても、高機能なドライヤーやヘアアイロンが欲しい方にもおすすめです。

ただし、基本機能に大きな差はないので、スタンダードモデルでも十分満足できると思います。

スタンダードモデルとプロモデル、それぞれこんな方におすすめです。

スタンダードモデルがおすすめ!
  • どちらかと言うとコスパ重視の方
  • ナチュラルな色合いが良い方
プロがおすすめ!
  • ドライヤーを仕事で使う方
  • とにかく高機能なモデルが良い方
  • ブラックが良い方

絹女のドライヤーやヘアアイロンのおすすめの購入先は下の記事にまとめていますので、よかったら参考にしてください。

>> 絹女のおすすめ正規販売店はこちら

あわせて読みたい
絹女のドライヤー・ヘアアイロンの偽物の見分け方!正規代理店を紹介【認証店】 プロの美容師の方も愛用していて、ストレートアイロンを中心に口コミで人気の「絹女」。 絹女は偽物もあるって本当?見分け方を知りたい!どこで買えば安心? こんな疑...

参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次